ヘルペスは、多くの方が罹患経験のあるものの1つといえます。例えば「水疱瘡」もまたヘルペスの一種類なのです。今回は、ヘルペスの「効果的な治し方」という部分について考えていきましょう。いざというときにも役立つ知識かと思います。

■口唇ヘルペスについて
唇もしくはその周辺に痛みやかゆみ・水ぶくれなどが出来てしまう口唇ヘルペスですが、効果的な治し方についてはやはり「初期症状が出た時点で治療をすること」といえるでしょう。口唇ヘルペスは自覚症状を把握しやすいとも言われています。赤く腫れた時点でその異変に気づきやすいので、医療機関を受診していただくことをおすすめしたいと思います。

抗ヘルペスウイルス薬を取り入れることで、改善することでしょう。

■性器ヘルペスについて
性器ヘルペスについても、男性・女性ともに性器もしくはその周辺に水泡やただれなどが見受けられますので自覚もしやすいでしょう。特に、女性の場合は排尿痛なども出てくる場合もありますので発見しやすいかと思います。初感染だという場合には重症化するケースも多いといわれているのがこの性器ヘルペスなのです。

再発を繰り返すうちに和らいでいくという傾向も特徴の1つです。重症化を防ぐという意味合いにおいても、性器やその周辺に異変があったらすぐに医療機関を受診することがポイントといえるでしょう。再発を繰り返してしまうという場合には、再発抑制療法を積極的に取り入れるとも効果的な治し方といえるでしょう。

■必ず医師の指示に従うこと
ヘルペスの部位・種類問わずに、痛みやかゆみがあるからといって市販のかゆみ止めを使うなどはぎゃ効果といわれていますのでくれぐれも気をつけましょう。薬剤においては危険な症状を招く恐れさえあるのです。自己判断でさまざまな上方法を試してしまうのは改善を遅くさせてしまう可能性もまた高くなるのです。

専門的に治療とアドバイスを受けることが最善の方法なのです。

ヘルペスの効果的な直し方を簡単にではあるがここで纏めていく

■治療中だという方へ
処方されたお薬に関しては指示通りに使用することが大切です。仮に、症状がなくなったからといって、自己判断で薬の量を減らしたり使用を中止してしまうことによって再び現れてしまうこともあるのです。

■日常生活で気をつけること
プラスして意識和したいのが日常生活です。バランスの良い食事をとるように心がけ、十分に休息もとることがおすすめとなっています。身体はもちろんですが、精神的な健康を心がけることもポイントとなるのです。

■患部について
また、ヘルペスの患部に触れないよう心がけましょう。外用薬を塗布するときには、綿棒やスパチュラを使用していただくと良いかと思います。直接触れることによって、感染の程度を広げてしまったり、第三者にうつしてしまう可能性もあるのです。

治療を遅らせてしまう要因ともなりますのでご留意ください。

■民間療法について
ハーブや漢方などを使ってヘルペスの治療をという方もいらっしゃることでしょう。民間療法全てが悪いわけではありませんが、処方薬を服用しているという場合は「飲み合わせ」の問題で副作用が出てしまうケースも考えられます。逆効果と成ってしまうこともありますので、どうしてもという方は事前に医師に相談をするようにしてください。

■スムーズに治すこと
今回は効果的な治し方という部分についてみていきました。自己判断をするのではなく、医療機関を受診することの大切さをお分かりいただけたのではないでしょうか。